充電アライアンス:5月に4,173の新しい公共充電パイルが追加され、前年比59.5%増加しました。

6月11日、China Charging Unionが発表したデータによると、2018年5月の時点で、アライアンスのメンバーユニットは合計266,231の公共充電パイルを報告し、アライアンスのメンバーを通じて、車両のパイルは441,422でサンプリングされました。情報データの断片。合計約708,000の充電パイルが使用されました。

公共充電パイルに関しては、116761 AC充電パイル、84174 DC充電パイル、および65296ACおよびDC統合充電パイルがあります。2018年5月には2018年4月より4,173本の公共型充電パイルが追加されました。2017年5月から2018年4月までは毎月約8,273本の公共型充電パイルが追加され、2018年5月の成長率は59.5%でした。

2257392-1

国内の大規模事業者数は16社(充電施設数> = 1000)に達し、その特殊性は初めてでした。110,857の充電杭が建設され、続いて国電網と56,549の充電杭が建設されました。

州の行政区域における上位10の公的請求の山は、北京で40,663、上海で34,313、広東で32,701、江蘇で27,586、山東で20,316、浙江で12,759、天津で11,555、河北で11,232です。、安徽省で10,757、湖北省で7,527。

都道府県・地方・市の公共・民間充電施設が着実に増加し、充電量もわずかに増加し、ほぼ先月と同じでした。

2257393-2

全国の充電電力は、主に珠江デルタ、長江デルタ、中西部に集中しています。北京は主に自家用乗用車によって支配されています。広東、陝西、江蘇、山東、湖北、四川、福建の電力の流れは主にバスです。特殊車両が主に使用され、乗用車が追加されます。山西省の電力の流れは主にタクシーに基づいており、乗用車が追加されています。電気バスやレンタルなどの特殊車両の消費電力は明らかです。

充電電力の上位10州と市では、8つの州と都市で電力消費があり、主に電気バスとタクシーが貢献しています。その中で、広東省は3億2,029万kWhで主導権を握った。

2257394

2018年5月現在、自動車メーカー(BYD、SAIC、BAIC、江淮、テスラ、長安、吉利、奇瑞、東風電気、東風日産、広州汽車、第一汽車、志道)の同盟のメンバーを通じてサンプルパイル441,422、失敗した充電パイルの割合は31.04%でした。そのうち、「グループユーザーが自分で杭を作る」ために建設できなかった充電杭の割合は16.27%であり、「住宅地の物件が協力しなかった」ために一致しなかった。構築された充電パイルの割合は4.75%でした。「住宅地に固定駐車場がない」ために建設できなかった充電パイルの割合は2.56%でした。「専用ステーションでの充電」により建設できなかった充電パイルの割合は2.60でした。%、「職場に固定駐車スペースがない」ため、設置できなかった充電パイルの割合は0.7%です。「居住地での充電が困難」で設置できなかった充電パイルの割合は0.17%でした。


投稿時間:2020年7月20日